Menu

フロン点検・回収

Home

フロン類漏えい点検・フロンガス回収

機器及びフロン類の点検が法律で義務化されました

平成27年4月に「フロン排出抑制法」が施行されました。
地球温暖化への対策強化のため、フロン類を冷媒として使用している業務用冷凍空調機器について、ライフサイクル(フロン類の製造~使用~廃棄)までの各段階のすべての当事者による適正化を促す措置が法制化されました。
冷媒充填作業・定期点検作業では 有資格者 の対応が必要です。
当社ではフロン排出抑制法の詳しい内容、簡易点検の方法などをご説明させていただいております。

「冷媒フロン類取扱技術者」等による定期点検・予防保全が有効です。

機器トラブル発生後では、フロンがほとんど漏えいしているケースがあり、能力低下、被害の拡大を防ぐために、管理システム・点検・整備に精通し、認定を受けたエキスパート(冷媒フロン類取扱技術者等)による点検と早期の予防保全措置の実施が必要です。

■冷媒フロン類取扱い技術者
・運転履歴、点検記録簿の確認
・間接法・直説法による点検
・点検・修理記録簿への記載
・機器所有者、管理者への報告
※「冷媒フロン類取扱技術者」による定期点検は所有者のご負担となります。

家庭用エアコン1台からフロン(R410A 1kg)が全量大気に排出された場合

同じ環境負荷をガソリン車(燃費20km/ℓ)に例えてみると…

定期点検について

「フロン排出抑制法」では業務用のエアコン・冷凍冷蔵機器の管理者(所有者など)には 機器及びフロン類の適切な管理が義務 づけられます。 当社では有資格者(第一種フロン類取扱技術者・第二種フロン類取扱技術者)での定期点検の実施を行っております。

冷媒管理・点検フロー

作業の様子

室内機フロンガス回収の様子

室外機フロンガス回収の様子

フロンガス回収作業

フロンガス回収作業

フロンガス回収作業

フロンガス回収作業

お問い合わせ
027-269-4131 ※メーカーと型式をお伝えください。
お問い合わせフォーム